税理士に関する情報が満載!

税理を考える

税理士資格はあれば年収一千万円も可能

税理士資格は、非常に儲かる資格だとして有名です。
平均年収は800万円近くにもなりますから、ちょっと頑張れば一千万円を超える年収を手にすることも可能なのです。
税理士資格はステータスも非常に高いですし、何より社会人でも比較的取得はしやすいものであるとされている点がすごいです。
弁護士資格は一発勝負で、いいところまでいっても合格ができなくてはいけないのですが、税理士試験は科目ごとに合格をしていけるので、一年に一科目だけ必死に勉強するというスタイルが許されているのです。
これは非常に珍しい試験の方式であって、これこそが社会人向けである理由だとされています。
時間がなくても、一年に一科目ずつ地道に合格していけるので、そうすれば仕事をしながらでも無理なくこの資格を取得できます。
もちろん競争率は非常に激しいですが、しっかり勉強すれば一般人にも合格は可能です。
定員がとくに決まっていませんし、長期的なスパンで考えればそれほど難しい試験でもないのです。
10年程度はかかるものだと最初から思っていれば、一科目ずつ合格していくことでいつかは税務処理を仕事にしてお金儲けができるようになるでしょう。
安定した仕事ですし、信用も高くなりますから、狙う価値は高いです。

税理士資格取得の大変さと独立開業後の大変さ

税理士は士業の中でも難易度が高いと目されている資格の一つです。
特に受験資格の取得自体が難易度が高く、そこでまずはふるいにかけられてしまうために、受験自体をあきらめる人も少なくありません。
この資格を取得するまでの道のりも長いのですが、取得後もどこか税理士事務所等で勤務が出来ればいいのですが、独立開業を目指す場合も相応に大変で、クライアントを探すだけでも一苦労です。
つまり、資格取得後の展望も厳しいため、よほどの覚悟がなければこの資格で食べていくことを考えるのは厳しいでしょう。
そもそも人口減少により事業をたたむ人もいる中で、彼らを主に相手にした税理士業務では立ち行かなくなりつつあるのは明白です。
しかも同業者は各地に大勢いますから、競争相手にも困らないというデメリットもありますので、どこかの会計事務所等で雇われて働くことを考えた方がいいケースもあります。
この資格は税務署等の実務経験で取得できるということもあって、つまり有資格者が多いということも挙げられます。
もしただ単にこの資格の取得をしたいだけであれば、税務署等で公務員として採用され、役所の実務経験等でカバーするということで取得ができることは、知っておいて損はありません。

recommend

医療用ウィッグはきちんとした試着方法がございます。

医療用ウィッグ 試着

買取激戦区渋谷で25年の実績!

ロレックスのシードゥエラー買取

毎日開催がされているモニター・キャンペーンに応募!

ゲッティーズ

最終更新日:2018/5/25


TOPへ

$q." -rt","count" => 3,);//←※リツイートを除く。表示件数:3件。 echo "
\n"; echo "

『".$q."』 最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

@" . $result->user->screen_name . "

\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>
Copyright(C) 2015 税理を考える All rights reserved.